So-net無料ブログ作成
検索選択

メルボルンでの講習会 [理学療法]

 メルボルンで講習会をさせて頂きました。今回、講習会をするにあたり、Yoshie Asahara先生(http://www.ahappiermedium.com.au/)、(https://www.facebook.com/chudoclinic)にコーディネートをして頂き、何から何までお世話頂きました。私の本をお読み頂き、オージーにも浸透するはずだと考えて頂き、実際にこのように講習会をさせて頂くことは本当に本当にありがたいことで私にとっては貴重な経験でした。講習会は今まで海外でさせてもらった時と似たような感じで、講習会開始時には、「この日本人ごときが何かできるのか」という雰囲気を感じましたが、実技が始まれば、日本でやっているのと同じように何とかなったと思います。
 そんなことよりももっと大きかったのは、オーストラリアで勤務する日本人理学療法士にも2名お会いすることができました。こちらに大学院に来る人は大勢存じ上げておりますが、学部から入学してこちらの資格を取得している人は知りませんでした。今回お会いした、江戸英明先生(http://ameblo.jp/yume-elephant/)、(https://www.facebook.com/hideaki.edo)は、日本のPT免許を取ってから、オーストラリアで改めて学部に入学してCurtinを卒業しそのままパースで勤務されています。わざわざメルボルンまで来ていただきました。こちらで勤務されている姿とそのお聞きしたプロセスに本当に感銘を受けました。また井上勝裕先生(https://www.facebook.com/katsuhiro.1)は若い時期にマレーシアで生活し大学を考えるにあたって、メルボルン大学に入学、卒業されてこちらで勤務されています。こういう逞しい日本人理学療法士が海外で勤務していらっしゃるということは私にはとても大きな衝撃でした。私のことではないのですが嬉しいことです。もう少し私も頑張る勇気を頂きました。
48162.jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

tohir

本日の全国研修会に参加した者です。あなたに対するクレームです。ネットで公開する必要性はないので、すぐに削除してもらって構いません。こちらの目的はあなたに一言文句を言いたいだけですので。
今日の講義は私の10年間のPT人生で最も不快でした。あなたの講義目的ではるばる沖縄までやって来たのに、あなたの講義の内容は最近のPTはなっとらんといったもの。プロに対して何も話せないプロはプロじゃないだの専門性をもてだの、ウダウダ言ってあなたの専門性を話すはずの場をズタズタにした。あなたの講義の半分すんだ時点で半数以上の参加者が寝た。私の目の前の参加者はスマホゲームをやりだした。二度と公の研修会の場であんな講義をしないで欲しい。私たちが何を求めて沖縄まで来たのか想像して欲しい。あなたは言いました。

講習会開始時には、「この日本人ごときが何かできるのか」という雰囲気を感じましたが、実技が始まれば、日本でやっているのと同じように何とかなった。

その内容を知りたかったんだ。
あなたの今日の振る舞いは私たち若者で馬鹿なPTに言わしめても、もはや老害です。
最後にもう一度言います。
あなたの経験、知見を優れた点を無知で毎日の臨床をごまかすことに終始している憐れな若者PTに伝えることだけに全力を尽くしてください。
by tohir (2016-10-07 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。