So-net無料ブログ作成

イギリス講演 [理学療法]

浪花節です。自分自身の残った人生は、日本の理学療法士のからの海外に向けての発信を行いたいと数年前から思っておりました。私の存じ上げている何名かの日本の優れた理学療法士の技術は、私の目が節穴でなければ、世界どこに行っても一流だと思っております。海外留学もすばらしい経験ですが、日本に帰国して自分のオリジナリティに展開できなければ、少し寂しいものになってしまうと思っています。そのためには、新たなものを産みだす力が必要だと思っています。私の周りにもそういう方がいらっしゃいます。本当に力のある人は、誰かの方法の継承だけではなくその方独自のお考えがあるということではないかと・・・。これからは、外国が良い、日本が悪いという時代ではなく、海外も日本も無くなっていき、良いものが良い、という当たり前の時代に入っていくのではないかと思います。留学だけで鼻を高くする時代ではありません。ただ海外での本物を見分ける目を持つ経験は貴重だと思います。そのためには、隣の県にいくのと同じ感覚で海外に足を運び自分の入れ物を大きくする必要があるのではないかと強く思っております。これからは英語ができることが特技にはならなくて、英語ができないことが欠点になっていく気もしています。ということで、何かしら突破口を広げようということで、皮膚テーピング英語版発行に伴い、イギリスで講演することになりました。
physiouk.jpg
いろんな人を引きずり出して巻き込みたいと思っています。

文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科卒業生研修旅行企画案ver1 [理学療法]

文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科卒業生研修旅行企画案

目的:新たな視点を持つことでFrame of Reference(尻穴)を広げること
日程:2016年2月もしくは3月
場所 スイス バレンスクリニック
(Switzerland,Kliniken Valens - Rehabilitazitonszentrum Valens)
1.研修内容:研修費が4万円程度:徒手理学療法および慢性痛講習会1日(長谷川 淳先生)、中枢神経系理学療法講習会1日(バレンツクリニック理学療法士、通訳あり)
2.研修後:修了書発行(英文)されます
最少催行人数:10名
最大催行人数:20名
航空運賃、宿泊費、観光などは現在検討中(大学GSIグループから旅行会社に打診中)後日募集開始します。

本学担当:文京学院大学GSIグループ
相手方担当:スイスバレンツクリニック卒後教育センター
帯同教員:福井

WCPTにて [理学療法]

WCPTにて思うことがありました。日本人が発表している内容は、海外と引けを取るとは思えません。これは今まで参加したPT関連の世界学会同様です。しかしながらどうしても、海外での発表において言葉の問題から実際のディスカッションには至っていないケースが本当に多いように思いました。日本人だけがやけにポスターが多いのがどうしても解せません。完全に日本の発表についてはポスターに押し込められていると感じました。ほとんど議論がなくても、海外で発表したということになっている現状をみると情けなくなりました。内向き、小さなグループ内での上下関係、人のやったことを自分でできるようにすることが目標 という今迄感じたことを再び感じました。日本人PTの海外発表はこのままでは意義が薄く感じます。オープンに、人のことも認める態度がなければ、島国日本はいまだにボーダーレスになることはできないように感じました。海外から招聘した外国人のセミナーは質が高いものが多いと思いますが、それと同じくらいこれからは日本人が海外に行って発表、講演、セミナーなどをする必要があると強く感じました。
WCPTに来て発表している人は志高い方が多いのだとは思います。しかしこのままでは数だけ多くて質が伴わないのが日本のPTだと言われかねません。若いPTの方々、本物を見る目、創造性のある仕事をしなくてはならない時代に完全に入っていると思います。このままでは駄目です。
WCPT2015.jpg

Skin Taping has just been published. [理学療法]

My new book named "Skin taping" has just been published. You can check it only Amazon Japan.

http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/4895905195/ref=dp_change_lang?ie=UTF8&language=en_JP

Guiding skin to the direction of where it moves during the movement is effective for the improvement of pain or decreasing of muscle tone. This book contains full of the knowledge for skin
movement and useful techniques of the skin taping for the clinical practice. Skin taping is effective for increasing and limiting range of motion (ROM), facilitating and inhibiting muscle activity, postural
control or gait control.
Clear pictures and instructions of each technique allow you to understand and follow the information
provided in this book.
skin taping image.jpg


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。